男の子の子育て.com

上手に叱ろう「3つ」のポイント

叱る

子育ては、ほめて育てるのが一番です。でも、ほめるだけでは子育てはできませんよね。時には叱らないければならないこともありますものね。でも、その叱り方にもいくつかポイントが・・・。

 

とくに女の子に比べてやんちゃでいうことを聞かない男の子を持つママは要注意!男の子を叱るとき、ついつい声を張り上げて怒鳴りつけてしまう傾向にあるからです。ここでは、男の子を上手に叱るうえでのポイントを3つ紹介しますね。


大声で叱らずゆっくりと小さな声で

男の子の子育て

とにかく男の子は手におえないやんちゃさんが多い。だから、いつも世話をしているママは大声をはりあげて「なにやってんのー!」と感情的に怒鳴るケースが多いみたい。というわたしも、娘にはださない怒鳴り声を息子たちには平気であげてしまい、反省しています。男の子だとつい激しく叱っても大丈夫だと思ってしまうのかもしれません。

 

でも、大声で怒鳴りつけてもいうことを聞いてくれません。むしろ「またか、うるさいな」と
嫌悪感や反抗心をあおるだけで、子供は絶対に息子たちは反省してくれないんです。

 

「叱る」というのは、その過ちを諭す(さとす)ということ。
感情で怒鳴りつけるのではなくて、説いて聞かせるということ。だから、できるだけ冷静な態度で言い聞かせるようにした方がいいですね。

 

「○○は、自分のしたことをどう思っているの?」小さな声でゆっくりとした口調で話をすると、なぜか子どもは素直に親のいうことに耳を傾けるようになりますよ。自分の誤りを認める気にもあるのです。

 

【大声で怒鳴りつける】  → 「また始まったか」
【小さな声でゆっくりと冷静に話す】 → 「そうだな、僕は悪かったな」


失敗したときは褒めてから叱る

男の子の子育て

子供が失敗したとき、どういいますか?「ほら、だから、いつもママがいっているじゃない!」と頭ごなしに叱ったりしていませんか?これは、ちょっと良くない叱り方のようです。

 

その場でビシッと叱らなければならないときは、危険なことをしたとき、命に危険があるときくらい。でも、命に関わりのない「ただの失敗」のときは、ストレートに叱るのはよくないかも。失敗してただでさえ、しょげている子どもは素直に反省するのではなく、むしろ反感を抱いてしまうからです。

 

失敗したときは、すぐに叱ってはダメ。まずは、少しでもほめてから叱ること、です。たとえば、テストで低い点数をとってきたとします。いつも「勉強しなさい」といっているにも関わらず勉強をしなかった結果のこの点数ですのでママさんが怒りたい気持ちは分りますが、ここはじっとガマンです。

 

まずは「よく頑張ったわね。この難しい問題できてすごいじゃない」と褒めてあげてください。そして、ここからが本番。「でも、もうちょっと日頃から勉強しておいた方がよかったね。今度から少し家でもがんばってみよう。○○なら大丈夫だよ」と励ましながら注意する感じでいきましょう。

 

このような言い方を親の方がすれば、自分の失敗をまず考えます。そして、納得したら次は失敗しないように頑張ろうという意欲がでてくると思います。

叱る内容や言葉は同じでも、まず「ほめ言葉」が入ることによって叱られている側の印象はずいぶん変わってくるはず。やる気を失うことなく反省し、つぎに活かされていくでしょう。

叱った後はアフターケアを忘れずに

男の子の子育て

子供がいけないことをしたらそれを叱るのは親の役目。でも、叱ればそれでいいかというとそうではないんですよね。その叱った後のケアが一番大事だったりします。極端にいえば、このアフターケア次第でうまい叱り方か悪い叱り方かが決まるといっても過言ではないんですよ。

 

特に男の子はやんちゃなので命に係わるような危険なことをしがち。
そんな命に関わるような重大な過ちを犯したら、全力で叱ってもいいののですが、「叱りっぱなし」で放っておいてはダメ。叱られた理由を反省する余裕なく悲観的な気分いなり、積極的な行動をとれなくなるでしょう。

 

子供を叱り終えたら、親の側から子供に救いの手を差し伸べてあげてくださいね。

 

たとえば、「○○を叱ったらのどが渇いちゃった。一緒にお茶でも飲もうか」とか、「○○のことが心配だったから真剣に叱ったんだよ。でも、真剣に叱ったら肩こっちゃった。肩もんで〜」とか、ユーモアのあるアフターケアなんて子供の緊張を解きほぐすのにはもってこいです。このような叱った後の親の対応が、悲観的になったり、反抗することなく、叱られたことをバネにして、積極的な行動をとるようになるでしょう。

激しく叱ったあとこそアフターケアは忘れずに。子供の行動が積極的になるよう導いてあげることが大切ですよ。
叱り方がうまい親の習慣 (中経の文庫)
多湖 輝
中経出版
売り上げランキング: 18,152

叱り方が上手になると子供は正しいことをすんなりと受けいられるようになります。そして、たとえ叱られてものびのびと育つようになります。叱り方がうまい親になれるコツやポイントがこの書籍に書いてあります。「自分は叱り方はヘタだなぁ」と感じているママさんにはおススメの一冊ですよ。


今日から怒らないママになれる本! ― 子育てがハッピーになる魔法のコーチング

自分の子供だからこそ「良い子」に育ってほしい。だからこそ、子供がいけないことをしたら本当は「いけない」と思っていながらもつい怒ってしまうんですよね。本当は怒っちゃいけない。でも、怒ってしまう…。これが親の葛藤となり、子育てに不安をもたらす原因なのでは?

 

「怒ってはいけないと思いながらも怒ってしまう」ママさんに必見なのがこの一冊です。子供の言い分を理解する方法、対処のしかたなどを覚えてくれます。子どもに“教える(ティーチング)”ではなく“導く(コーチング)”ができれば、子育ての悩み<ついつい怒ってしまうが解決できるんです。ダダっ子、わがまま、やる気のなさ、子どもの「困った!」をすっきり解決する方法。子育てがラクになると思います。

スポンサードリンク